BikeShop TERRAのピットサービス

バイクショップ テラ 整備作業

大阪・箕面市でバイクの整備・修理はTERRAにおまかせ

低価格な車検プランもご用意しております

 

バイクは手軽にどこへも行ける 便利で楽しい乗り物です

しかし安全・快適なバイクライフには適切なメンテナンスがかかせません

時には修理が必要なトラブルもあるかもしれません

安全・快適なバイクライフを送るには信用のおける

メカニックを持つ必要があります

当店では経験豊かなメカニックがあなたのバイクライフを

サポートさせて頂きます

小さなトラブル・気になる事など、どのような事でも当店まで

お問い合わせください

あなたのメカニックはここにいます


整備・メンテナンスはお気軽にお問い合わせください

ご予約をいただけましたら営業時間外でも午後9時までで可能な限り対応しております

 

整備作業をご依頼のお客様へ

当店では箕面警察署の指導により不法な改造車両の整備作業

違法なナンバープレートの取り付け車両の整備作業は一切お断わりさせて頂いております

※当店では次の車両の整備作業はお断わりさせて頂いております

違法な改造がされた車両

排気音が基準以上の車両
ナンバープレートを違法な取り付けした車両
外車・輸入車・逆輸入車など当店にて取り扱いの無い車両
旧車等部品に入手の困難な車両
ワンオフカスタムやカスタムペイントされた車両
トライクや側車付き車両
ヤマハ・スズキ以外のリコール作業
当店が作業困難と判断した車両




定期点検

2輪車は12ヶ月毎の点検が法で定められています

BikeShop TERRAの点検は法定期点検で定められた点検に

清掃・調整・給油や補充をお得にセットにした

点検プランをご用意しています

 

バイク定期点検

車検

格安車検20000円~

(別途消費税・諸費用が必要となります)

BikeShop TERRAの車検はとってもお得な価格設定です

まずは、お見積もりをご依頼ください

お客様のご希望に合わせたプランをご提案いたします

 

※分解整備の実施は提携認証工場にて実施いたします


愛車の状態をチェックいたします

 

クイック点検

タイヤ空気圧点検調整

各ワイヤー点検調整

エンジンオイル量点検

ブレーキパット残量点検

エンジン音 始動性点検

各ベアリング点検

タイヤ残量点検

ドライブチェーン点検

スプロケット点検

冷却水点検

ブレーキオイル点検

ボルト点検

 


15~20分程度の点検です。お待ちいただいている間に作業致します

オイル交換やその他の整備と一緒に、ツーリングに行く前や行った後

しばらくぶりにバイクに乗る方 メカ音痴な方 日常点検を実施してない方に

おすすめ!!

スポーツタイプ  2000円(税別)

原付スクーター  1000円(税別)

↑↑↑

今だけ無料キャンペーン実施中!!


エンジンオイル交換

エンジンオイル交換

エンジンオイル交換してますか?

エンジンにとって最も重要な

メンテナンスはオイル交換です

当店のおススメ交換時期は

3000km走行毎又は半年走行毎です

(原付スクーターは1000~2000km毎)

左の画像はエンジンオイルの汚れの

見本です左側の瓶は新品オイル

右側の瓶は約3000km走行後です

 

当店ではA・S・Hブランドのエンジンオイルを取り扱いしております

A.S.H.エンジンオイル取り扱い

エンジンオイル交換費用

(当店指定オイル使用・交換工賃込み)

 

50ccスクーター 1300円~(税別)

125ccスクーター1600円~(税別)

 

スポーツバイク2000円/1L~(税別)

オイルエレメント交換は別途費用必要

カウル・マフラー脱着が必要場合は別途費用必要

オイル銘柄をご指定の場合が料金が異なります


タイヤ交換

タイヤすり減っていませんか?

タイヤは安全な走行にとても重要な部品です

 

タイヤ交換時期はどうやって判断するの?

  1. すり減ったタイヤは、運動性能が低下したり、濡れた路面でスリップしやすくなるなど危険です。残り溝が1.6mm 未満、   スリップサインがあらわれてる タイヤは要交換です。 
  2. タイヤのヒビは空気圧の不足、道路の熱や紫外線による劣化、縁石などに乗り上げた時にかかる過加重など、                  様々な要因でゴムが劣化した際に発生します ヒビ割れたタイヤはゴムが固くなり性能が低下しています。
  3. タイヤにはひび割れを防ぐ「ひび割れ劣化剤」という油分が入ってます                                                                年数が経つとその油分が抜けタイヤのゴムが硬化し自然と劣化は進みます                                                               スリップサインやヒビ割れが出てなくても、交換の目安としては4年程度です

タイヤについても当店までお問合せください

エア圧点検・消耗具合の点検を無料で実施いたします

もちろん、お見積りも無料です


カーボンクリーナー

ガーボンクリーナー

最近のオートバイは環境対策として

電子制御インジェクションシステムが

採用され排出ガスが低公害化されてます

しかしエンジン内部やスロットルボディに

カーボン汚れがたまりその影響をうけ

エンジン始動不調やアイドリング不調が

発生しやすくなりました

そこで燃料に混ぜる添加剤を定期的に

使用しエンジン内部を清掃する必要が

あります

カーボンクリーナーはこれからの

新常識としてオイル交換にならぶ

メンテナンスとして定着しています

 

当店ではボトルでの販売はもちろんですが

10mLの数量販売もしております

150円/10mL(税別)

燃料5Lに対して15mL使用


バッテリーテスト

バッテリーにも寿命があります

一般に2年~3年といわれています

もしも、ある日突然バッテリーが上がったら

セルモーターを回す事が出来なくなり

エンジンの始動ができなくなります

キックの無いオートバイでは致命的です

キックがある場合でも、慣れないキック始動は

なかなか大変なものです

 

今のバッテリーの状態を理解して適切な

バッテリーメンテナンスが必要です

 

当店では最新型バイク専用CCAテスターにて

バッテリーの状態を正確に診断致します

 

バッテリーへのアクセスが容易な機種では

数分で診断可能です

 

診断は無料ですお気軽にお申し付けください

※一部バッテリーへのアクセスが困難な機種は別途工賃が必要な場合がございます


ブレーキ関係の整備

オートバイを安全に走らせる為に最も重要なのはブレーキです

ブレーキのメンテナンスは最重要な項目と言えるでしょう

ブレーキは使えば使うほど消耗が進みます

消耗したブレーキではブレーキの利きが悪くなり

最悪の場合、ブレーキが利かなくなる事もあります

ブレーキの残量を点検し交換が必要な場合は交換しましょう

残量がわからない場合は、お気軽に点検をお申し付けください

無料にて残量点検を致します

 

ブレーキオイルの交換

油圧ディスクブレーキでは2年毎のブレーキオイルの

交換が指定されています

ブレーキオイルが劣化するとブレーキの利きが悪くなり

最終的にはブレーキが全く利かなくなる事があります

ブレーキオイルには吸湿性があり時間の経過につれ

ブレーキオイル内に水分が吸収されそれがトラブルの

原因となるので、走行距離が少なくても2年毎の

交換が必要です

左が使用後右が新品ブレーキオイル   

ブレーキ(パットやシュー)の残量の点検・ブレーキオイルの定期交換以外にも ブレーキレバーやペダルの固着により動きが

渋くなったり、ブレーキワイヤーの動きが悪くなったり ブレーキキャリパーのスライド部の固着やピストンの汚れ

ピストンシールの劣化などが原因でブレーキが解除しきれず引きずった状態にることがあります

ブレーキが引きずると摩擦により高温になりブレーキがきかなくなったり、発火して車用火災になることもあります

トラブルが発生すると事故になる事が多いブレーキのメンテナンスを定期的に実施しましょう


フロントフォークの整備

オートバイが安定して走行するにはフロントフォークが

とても重要です

10000km毎のフォークオイル交換

20000km毎のフォークオーバーホールがおすすめです

指差してるところからフォークオイルが漏れていないか

目視で点検しましょう

左が使用済み右が新品オイル    オーバーホール時         フォークシール        オイル交換


ドライブベルト駆動系整備

スクーターではドライブベルトによってエンジンからタイヤへ駆動力を伝達しています

ドライブベルトは消耗品で定期的な点検整備が必要です

 

駆動系部品の点検/交換の目安

部品名 点検時期 交換時期
ドライブベルト 1万キロ/1年毎 1万キロ~2万キロ毎
ウエイトローラー 1万キロ/1年毎 1万キロ~2万キロ毎
クラッシュ― 1万キロ/1年毎 1万キロ~2万キロ毎

※上記表は目安です。実際の使用状況により適切な時期の点検交換が必要です

※ドライブベルトはゴム製の為、経年劣化します

点検/交換しないとどうなるの?

適切な整備をしないまいまま、走行を続けると

ドライブベルトが破断します。

 

破断すると動力の伝達ができず走行ができなくなります。

押して帰るかレッカー依頼が必要!

 

破断したベルトが他の部品を破壊し修理代が

高額になることがあります。

 

ウエイトローラーが段に変摩耗しスムーズに走行で

きなくなります

 

ウエイトローラーのスライド部分が限界まで消耗し走行が

できなくなります

クラッチシューが消耗しスムーズな発進ができなくなります

 

クラッチシューが限界以上に消耗しクラッチのアウターを

破損します

 

クラッチスプリングが破断しクラッチが切れなくなり

走行できなくなります